散骨式とはどのようなものなのか

2020年2月20日 オフ 投稿者: dcSJ5pdCkCkU

日本では、死後の故人は火葬をするというのがルールとなっています。火葬後に残された遺骨について、最近では散骨式を選ばれる方も多くなっています。
散骨式というのは、遺骨を海や山などに還すというのが基本となっています。遺骨というのはお墓に納骨しなくてはならないと考えるのではなく、人間の本来あるべき場所、自然へと還るのが望ましいという見解などからお墓は持たずに遺骨を海や山などに散骨します。ただ、散骨にはルールがありますので、散骨をサポートしてもらえる機関に任せることが必要です。散骨をする際には遺骨をそのまま海や山に還すというのはいけません。もしもそのまま散骨してしまうと、事件性などが疑われてしまうかもしれないからです。
そのため、散骨をする際には遺骨を粉骨して行います。これも専門の業者に行ってもらえますので、遺骨を粉々にすることに抵抗がある方は散骨には向きません。しかし、海や山などに散骨してもらうことで、本来の自然の中の自分を取り戻せるような気がすると、散骨を希望される方が増えています。