なぜ合同墓・共同墓の需要が高いのか

現在の日本ではさまざまな埋葬方法がありますが、合同墓・共同墓の需要が高まっているのをご存知でしょうか。身内などではない、赤の他人と一緒のお墓に入るというものであり、お墓は身内とという概念は薄れつつあります。
合同墓・共同墓の需要が高まっている要因としては、生涯独身を貫く人が増えているということも背景にはあります。お墓というのは子孫などに守ってもらわなくてはなりませんが、生涯独身の方というのは子孫などもいませんので、お墓に入ったとしてもその墓を守ってくれる人がいないため、墓地などが管理している合同墓・共同墓を利用するという方が多いのです。
しかし、家族などがいても合同墓・共同墓を選択されるかたもいます。実は近年墓じまいなどを行うかたも少なくはなく、お墓を持つことで負担を残された家族にかけたくないというような思いや、死後も賑やかな場所にいたいので、他の人が眠る場所に身を預けたいというような考えによって、合同墓・共同墓を選択される場合もあり、さまざまな要因から合同墓・共同墓の需要は高まっています。