お墓もシェアの時代に合同墓・共同墓とは

お墓というと先祖と同じお墓に埋葬されるというのが昔の常識です。しかし、近年では将来お墓を継いでくれる人がいないということなどの理由によって、合同墓・共同墓を選択される方がが増えています。
合同墓・共同墓というのは、複数の人たちとお墓をシェアするという、現代でいうお墓のシェアハウスの役割を持っています。一緒にお墓に埋葬される方は自分と血縁関係にある人であったり、身内ではありません。合同墓・共同墓はさまざまな方々と一緒に埋葬をされるため、墓石を準備する必要もないので、費用においてもかなり抑えることが出来ます。
また、合同墓・共同墓は、いわゆる他人とお墓に入るという観点から、無縁墓と混合される方もいますが、合同墓・共同墓は墓地などの管理者がしっかりと管理してくれますので、墓を引き継いでくれる人がおらずに荒れ果てたお墓になってしまうというような恐れもなく、安心して埋葬をしてもらうことができるというメリットもあります。